【活動理念】

コミュニケーションの本質を学び自らのコミュニケーション能力のレベルアップに留まらず、社会の一員として周囲の人間関係を重んじながらコミュニケーションの調整や提案ができる人を「コミュニケーションコーディネーター」として定義し、「自分を知る」を学びの起点とする学習支援を通じて、豊かさと幸せの実現に向けて他者との友好的かつ良好な関りを自らが体現できる人材の育成と輩出を目的に、より明るい日本の未来づくりに貢献することを理念として活動しています。




【協会設立への思い】

■設立の背景
「人が生きること」とは「人と関わりを持つこと」でもあり、自分以外の相手と何かしらの手段を用いて互いの意思を伝え合い、互いの考えや分かり合いながら生きています。

実際に、ちょっとした言葉の違いが原因でトラブルに発展したり、些細な意見の相違が原因で自信をなくしたり、よいアイディアや意見をうまく伝えられずに自分の居場所をなくしてしまったりと、本来の思いとは異なる結果に行き着いてしまい「なぜ?」「どうして?」と思い悩む人が年々増加しており、「ハラスメント」という言葉を耳にする機会も増えているのが現実です。

コミュニケーションの本質を問い、自信がない方や不安を抱いている方がどのようにすれば笑顔を取り戻し幸せな人生を歩めるのか。世の中で起こるコミュニケーションが関係する問題点をどのような視点で捉え、どのような手段と考え方を用いて解決できるのか。
ノウハウやハウツーでは解消できない「自分を知る」を学びの起点とする学習指針を用いた人材育成を基に社会に貢献したいと考え、資格認定およびスクール運営を主体とする学習支援事業を行う協会団体の設立に至りました。

■指導方針と考え方
コミュニケーションという言葉から「話し方・伝え方」といった「情報発信」の意味を強く受けるかもしれません。
ともすれば「発言が多い人・情報発信力が高い人」=「コミュニケーション力が高い人」と思われがちですが、必ずしも言葉数が多いほど意思や思いを共有できるとは限りませんし、情報を発信するだけでは一方通行で終わってしまいます。
つまり、コミュニケーションとは意思や思いを共有することが目的であり、互いに伝え合い、聞き合うことではじめて成立するものであり、相手が発信した言葉や文字を受け取る力こそが重要である点を忘れてはいけないと考えています。

私たちは以下の方針を学習の柱にしています。
●基礎を疎かにしない
●個々の学習目的を明確にする
●悩み苦しみを体験した人こそが一番の理解者であることを主体とする
●目的と意味を理解して練習と実践を積み重ねる
●テクニックやハウツーにばかり目をむけない
●何事も中立の立場で捉える

表現手段である「言葉」や「文字」を自在に扱う能力は大切です。
しかし、それ以上に「聞く」「読む」「汲み取る」「察する」といった相手から送られる情報を受け取る能力こそ、優れたコミュニケーションに肝心な基礎力であると捉え、スピーチ力や演出表現力といった高度なテクニックを身に付けるためにも「揺るぎない土台づくり」が重要ではないでしょうか。

現在は多様化・スピード化・情報化・国際化の時代と言われ、社会環境は目まぐるしく変化しています。コミュニケーションと一口に言っても、直接対面する・電話を使う・文字を使う・ITツールを使うなど様々な手段があり、今後も生活環境の変化に伴い多種多様なコミュニケーションツールが登場すると予想しますが、手段が増えれば増えるほど目先テクニックではなく、基礎力を高めることの重要性が高まると考えています。
学ぶ皆さんが授業の中で「ハッ」と何かに気づいて頷く姿。「うんうん」と納得する姿を見て、これからも多くの人の心に光が灯るよう「コミュニケーションの学び」を探求していく所存です。

■ロゴマークについて
ロゴマークは中央の「S」を挟み2つ「C」が向かい合って、幸せの象徴である「四つ葉のクローバー」をかたどります。

「S」は「学ぶ過程(Study)」を経て、コミュニケーションの本質を周囲の人と「共有 (Share)」し、問題を「解決する(Solve)」ことを表し、左右の「C」は「意味の共有(Communication)」と「調整する役割(Coordinator)」を表しています。

コミュニケーションに悩み苦しんだ経験がある人こそ、同じ悩みを持つ周囲の人にとって一番の理解者です。
多くの人々に私たちが提供する学習を通してコミュニケーションの本質にはじまり、調整・提案・解決といった生かし方を学んでいただくことで、ご自身の明るい未来に向けてさまざまな分野で活躍してほしいという願いを込めています。




【学習支援事業について】

コミュニケーションコーディネーター協会では、主な活動としてコミュニケーション学習支援事業としてコミュニケーションコーディネータースクールの管理・運営を行っております。

生徒さんが講師の話を聞くだけの「受け身の授業」ではなく、生徒さんと講師が対話する「参加型の授業」です。
トップ講師による「実際の教室授業と同じクオリティ」の臨場感あふれる授業の中で、本物のコミュニケーションを学ぶことができます。

スクール公式サイト
https://commu-school.org/



【教室開設サポートおよび運営指導】

時間は週1日3時間から教室開設が可能です。
仕事をしながら、家事をしながら、 空いた時間とスペースをご活用ください。
講師同士の勉強会開催、講師に対する定期的なアフターフォロー、オンラインミーティングによる指導、講師派遣制度など充実した教室開設・運営サポートを実施します。
※教室開設・運営支援の一例です

スクール公式サイト 教室開設
https://commu-school.org/openschool/